​『 新庄亀綾織伝承協会 』からのご案内

​ 「新庄亀綾織」への思い

 山形県新庄市における伝統ある、そして、幻の織物とよばれた「新庄亀綾織」は、斜文織(綾織)の高度な技術を要する手織りの絹織物であり、全国的にも大変珍しく貴重なものであり、国内外に発信すべき価値あるものと考えております。現在約20種類の織りの復元に成功した、この美しく貴重な「新庄亀綾織」を、私たち「新庄亀綾織伝承協会」は、二度と途絶えさせてはいけないものであり、今後とも技術と技能の向上を図り、継承させていきます。

 そのために、織手の環境改善を始め、商品開発、販路拡大、ブランドの確立、そして国内外に発信し、世の中に「新庄亀綾織」の存在感を示すことを目標として、活動をして参ります。美しい日本の美しい織物の一つとして伝承させていくためにも、「新庄亀綾織」に携われることへの感謝と誇りを持ち、日々努力する所存です。

​  商品について

 「新庄亀綾織」は、高度な技術を用いた斜文織(綾織)の手織りの絹織物であることから、着物生地一反を織り上げるのに、早くても6か月以上を要します。誠に勝手ながら、生地及び反物いずれにつきましても、受注生産とさせていただきますので、ご了承くださるようにお願いいたします。

 現在、「新庄亀綾織」及び「新庄綾織」を加工した小物製品を取り扱っております。主な製品は、ネクタイ、袱紗、巾着、小物入れ、つまみ細工(髪飾り、コサージュなど)、がま口(小銭入れ)、名刺入れ、印鑑入れ、栞など、20数品目をご用意しております。ご遠慮なくお問い合わせください。

 なお、小物製品につきましては、新庄亀綾織伝承協会内、新庄ふるさと歴史センター、もがみ物産館(JR新庄駅併設ゆめりあ内)にて販売いたしております。ぜひ、ご利用くださいませ。

  機織り体験について

 以前から卓上機織り機を使用し、毛糸や木綿糸などの太いカラフルな糸で、平織りのコースターや花瓶敷きを作る、機織り体験を行っておりましたが、誠に勝手ながら当協会の諸事情により、現在は行っておりません。どうかご承知おきください。

 なお、亀綾織りの見学や、小中学校等を対象としました学習等につきましては、これまで通り承っておりますので、事前にご遠慮なくご相談ください。

新庄亀綾織伝承協会
 住  所  〒996-0091
       山形県新庄市十日町1509-2
 電話番号  0233-22-0025
 営業時間  AM10時~PM5時
 定休日   2019年8月より土日休み・年末年始
 最寄り駅  JR新庄駅(山形新幹線終点駅)
       工房まで新庄駅東口より車で約8分
​ 近くのお勧め観光施設
       エコロジーガーデン
       戸沢藩墓所
       矢作家住宅(国指定重要文化財)
*お問い合わせ等につきましては、「お問い合わせ」
 フォームをご利用ください。
*新庄亀綾織伝承協会(工房)は、2017年4月に
 新庄市十日町の国道13号線沿いに移転いたし
 ました。よろしくお願い致します。