​『 新庄亀綾織 』の歴史

 新庄藩は、二代藩主戸澤正誠(まさのぶ)の放漫財政と度重なる冷害凶作によって、三代以降の藩財政は極度に困窮したが、九代藩主戸澤正胤(まさつぐ)の時代になり、米沢藩が財政を立て直したことを範として、勤倹節約・国産奨励に取り組んだ。

 その一つが、文政13年(1830)に上州方面から織師を招き、絹織物を指導、開発させたことである。この頃招かれた人物で名の残っているのは、桐生の吉十郎、館林の初五郎、佐野の将治、そして長内三十郎などである。この長内三十郎が、家中石川町の小山氏屋敷内に、水車仕掛けの織場を設け、指導の傍ら研究を進め、亀甲型の絹織物を発明し、亀綾織と名付けたと伝えられている。その後、亀甲紋、紗綾織、菱織など数十種類の絹織物が織り出されていたようだが、一括して亀綾織と呼ばれた。なお、吉十郎・勝五郎・将治の三人は、亀綾織による三十三観音の掛仏を織り上げ、現在、市内鉄砲町の長泉寺に所蔵されている。絹織物による掛仏は、全国的にも珍しい。

 こうして藩内では、家中のほとんどの家で屋敷畑に桑を植え、蚕を飼い、糸を紡いで絹布を織ったが、これは藩士婦女子の唯一の内職であった。製品は白布のまま江戸に売り捌かれた。

 明治元年(1868)の戊辰戦争により、各戸が全焼し用具の一切を失い、一時途絶えるものの、明治3年(1870)に藩主戸澤正實(まさざね)が、困窮している旧藩士救済のために、常盤町の藩主別邸に授産場を設け、士族の婦女子を集めて機織を指導させ、亀綾織が再興された。明治14年(1881)9月には、明治天皇東北御巡幸の際、産業推奨のため亀綾織の大八つ橋ほか8種類17疋34反をお買上げになった。

 その後、資金難のため授産所も続かなくなり閉鎖されたが、明治21年(1888)に農商務省より資金を借りて再興し、講師として桐生の森山芳右衛門を迎え、約半年間指導を受けた。しかし、明治36年(1903)頃に再び閉鎖され、その後は、個人経営の産業場3~4戸、他に個人の家内工業(内職)を続けた家が数戸あったが、明治36年に県立中学校が創設されるに及び、養蚕に便利な部屋は下宿に使用されるようになり、ついに亀綾織は途絶えてしまった。

 この特産品の衰微を惜しみ、大正3年(1914)大竹スエ氏が神明町に織場を作り、電力による織機を取り付け、織物を開始したものの、業界の不況と亀綾織の技術の機械化が困難なためコスト高となったことから経営に行き詰まり、大正15年(1926)閉鎖された。その後も、昭和6年(1931)に渋江トキノ氏が、戦後の昭和21年(1946)には福井吉之助氏が復興を試みたが実を結ぶに至らなかった。

 こうして、旧藩時代からの由緒ある亀綾織も、幻の織物として名だけが残り、地域の人々から惜しまれた。

​『 新庄亀綾織 』の現在

 昭和56年(1981)に亀綾織が、国(国土庁・現在の国土交通省)のモデル定住圏の推進支援調査の「最上モデル定住圏における地域特産の開発に関する調査」対象に選定されたことにより、山形県が調査部会を設立し、翌年の昭和57年(1982)に山形県工業技術センター置賜試験場において、紗綾形、八つ橋織など9種類の復元に成功した。

 昭和60年(1985)に、亀綾織の復元に要する調査及び技術・技能の研究を行い、亀綾織を使用した商品の開発と新庄市の特産品として振興を図ることを目的に、「新庄亀綾織伝承協会」が設立された。置賜試験場より宮下専門員を招き、織物についての基礎知識から学び、翌年の昭和61年(1986)には亀綾織の基本型といわれる紗綾形の復元に成功した。その後の会員による懸命の研究の成果が実を結び、現在では20数種類の復元に成功している。

 平成13年(2001)に新庄駅前通りに体験工房「機織り長屋」をオープンし、織物体験や亀綾織の生地を用いた小物を商品化してきた。しかし、伝承協会発足直後から10名前後いた織手も徐々に減少し、小物商品の製作や「機織り長屋」の運営も兼ねていることから織りに専念できないできた。

 平成28年(2016)に新たに運営や広報担当のスタッフが加入し、織手の環境改善や織手の確保と育成を始め、商品開発、販路拡大、ブランドの確立、そして国内外に発信し、「新庄亀綾織」の存在感を示すことを目標として活動を始める。

 平成29年(2017)に「新庄亀綾織」とロゴマークを商標登録。「機織り長屋」を閉鎖し、「新庄亀綾織伝承協会」の本拠地を新庄市十日町に開設し、新たな発信地とした。また、京都老舗呉服製造卸の細尾真生氏の指導のもと「新庄亀綾織復興プロジェクト」を立ち上げ、京都西陣織の杉村昌哉氏、米沢織の新田源太郎氏を紹介いただき、両氏にもプロジェクトへの惜しみない協力をいただく。

 平成30年(2018)に「新庄亀綾織」の着尺の白生地が完成し、山形市「洗心庵」にてお披露目会を開催。「新庄亀綾織」のブランドを確立する。併せて、先染めの手機絹綾織物である「新庄綾織」と西陣織の技術を用いた手機絹平織物である「最上新庄織」の2つのブランドも確立させた。

 令和2年(2020)に織手を一新し、「新庄亀綾織伝承協会・工房」を「新庄市 エコロジーガーデン 原産の杜」内に完全移転した。「新庄亀綾織復興プロジェクト」も新たに進行中である。

新庄亀綾織の歴史略年表

1830年 新庄藩9代藩主戸澤正胤(まさつぐ)が上州(群馬県)から技術者を招き、藩の特産品として奨励したのが始まり。

1868年 戊辰戦争で道具がすべて焼失。

1870年 藩主正実が授産場を設け、士族の婦女子を集めて機織りを再開。

1888年 資金難により授産場が閉鎖されたが、農商務省より資金を借り再興。

1903年 再び閉鎖。県立中学校開校に伴い、養蚕部屋は下宿として利用され、ついに亀綾織途絶える。

1914年 電力による織機により織物を開始。

1926年 業界の不況と、亀綾織りの技術の機械化が困難なためコスト高となり、経営に行き詰まり閉鎖。

1931年 再興を試みるも断念。

1946年 再興を試みるも断念。

1981年 「最上モデル定住圏における地域特産品の開発調査」で新庄亀綾織が選定され、調査部会活動が開始。

1982年 新庄市では亀綾織の復元を県工業技術センター置賜試験所へ委託し、紗綾形、八つ橋織など9種類の復元に成功。

1985年 新庄亀綾織伝承協会が発足。置賜試験場宮下専門員を講師に招き、亀綾織についての学習運動を始めた。

1986年 実技学習活動が実を結び、亀綾織の基本といわれる「紗綾形」の復元に成功。

2001年 新庄駅前通りに体験工房「機織り長屋」をオープン。

2017年 「新庄亀綾織」とロゴマークを商標登録。「機織り長屋」を閉鎖し、新庄市十日町に「新庄亀綾織伝承協会」を

     置く。「新庄亀綾織復興プロジェクト」を立ち上げる。

2018年 「新庄亀綾織」お披露目会を開催。「新庄亀綾織」「新庄綾織」「最上新庄織」の3つのブランドを確立。

2020年 「新庄亀綾織伝承協会」を「新庄市 エコロジーガーデン 原産の杜」内に移転する。